インフォメーション

2024-03-28 14:36:00

 射水警察署です。

 3月27日、サポート詐欺の被害届を受理しました。

 被害内容は自宅でパソコンを操作中に突然、「トロイの木馬に感染しました」などの警告メッセージが表示され、画面には実在する企業名と電話番号が表示されていたことから、電話すると、片言の日本語を話す者が応対し、その後のやり取りの中で「パソコンを戻すために電子マネーカードを購入し、シリアル番号を教えてほしい」などと電子マネーカードの購入を指示され、コンビニエンスストアを巡り各店で電子マネーカードを合計300万円分購入し、シリアル番号を教えたというものです。

 サポート詐欺の被害に遭わないために

  ・警告画面が表示された場合は、端末を再起動する。

  ・表示された電話番号に連絡しない。

  ・家族や警察などに相談する。

などの対策を行いましょう。