インフォメーション

2024-02-14 08:24:00

IPA(情報処理推進機構)からの転載です。

2024年2月14日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがあります。

この内 CVE-2024-21351、CVE-2024-21412 の脆弱性について、Microsoft 社は悪用の事実を確認済みと公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用してください。

対策についてはかきのURLを参照ください。

Microsoft 製品の脆弱性対策について(2024年2月) | 情報セキュリティ | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構