インフォメーション

2024-06-21 16:51:00

富山県警察 安全情報ネットからの転載です。

令和6年6月20日、高岡市内在住のAさん(60代女性)がパソコンでインターネット閲覧中、偽のセキュリティ警告画面で「パソコンが危険な状態です」などと表示され、指定された+10から始まる国際電話の番号に連絡したところ、片言の日本語を話す男から「ハッカーに狙われているかもしれない」「ネットバンクに口座は持っているか」「調べるためにパスワードなどを教えてほしい」などと言われる事案がありました。

 偽のセキュリティ警告画面が出ても、慌てずにパソコンをインターネット環境から切り離すなどし、指定された電話番号には連絡をしないようにしましょう。